FAQ よくある質問

HOME > FAQ よくある質問

PISCO製品に関するよくある質問をまとめました。お問合せの前にご覧ください。

1~10件(全19件)
表示件数

ロータリ真空ポンプ

Q真空ポンプと真空発生器の違いは?どちらを使えばよい?
A
真空の発生源としては、一般的な方式として「真空ポンプ」と「真空発生器(エジェクタ)」に大別されます。

真空ポンプはモータで動くため圧縮エアが不要。一方、真空発生器は真空を作るのに圧縮エアを必要とします。
 
【真空ポンプ】
○メリット:高真空が得られ、多量の真空源が必要な場合はランニングコストが安い。
容器から気体を吸い出すことで真空度を上げる装置です。
コンプレッサのように吸い込み口から入った気体を回転(または往復運動)により圧縮し、大気へ排出します。この過程の中で真空が作られます。到達真空圧力と実行排気速度に応じた種類があります。
真空発生器と比べると、装置が大きくなりイニシャルコストがかかります。一般的には、定期的なメンテナンスが必要です。※1
 
【真空発生器(エジェクタ)】
○メリット:機械的な可動部がなく、小型。手軽に取付けられる。
ノズルで絞られて高速放出した圧縮エアが空気を引き込むことで真空を発生させる装置です。
自動組立機等の小型の装置を安価でコンパクトに製作できる半面、真空度と真空流量を得るためには、圧縮空気の使用量が大きくなる場合もあり、ランニングコストへの注意が必要です。
間欠的に使用する場合や、短時間使用する場合、真空を使用する個所が少ない所では、手軽に真空が得られるため便利です。※2


 
※1 ピスコが独自開発したロータリ真空ポンプは、使用条件・環境にもよりますが、約30,000時間メンテナンス不要で、ランニングコストが抑えられ、真空ポンプから出る騒音や発熱、発塵も抑えられる、環境にやさしい「省エネ対応品」です。
 
※2 ピスコの真空発生器は、小型で取付け場所が自由な単体タイプと、システム全体のコンパクト化、合理化ができる総合タイプ(真空発生用電磁弁、真空破壊用電磁弁、絞り弁、真空スイッチ(圧力センサ)、フィルタを一体化)があります。
Qロータリ真空ポンプと、他社の真空ポンプとの違いは?
A
ピスコのロータリ真空ポンプの最大の特徴は、ポンプの動作原理です。
独自に開発した「ロータリ方式」を採用しており、ベーン方式、ダイヤフラム方式、揺動ピストン方式などと異なります。この動作原理により様々なメリットが得られ、省エネに大きく貢献します。
 
【ロータリ方式とは】
簡単に説明すると、特殊な形状のロータが偏心回転を繰り返すことで、真空エアを作り出します。
動作原理は以下をクリック。
 

さらに、ロータリ真空ポンプの構造には以下のような特徴があります。
 
【ロータとシリンダの間に、一定の微小クリアランスを設ける】
 ・これにより、基本的に非接触構造となり、摺動部が極小化されました。
 ・ベーンポンプのように摩擦粉飛散が発生しません。
 
【モータとポンプの回転力伝達部にマグネットカップリングを採用】
 ・回転軸のシール摺動がないため、シールによる発熱がなく、メンテナンスも不要です。
 ・モータ軸部の芯ズレが極小化され、モータの長寿命化に貢献しています。
 
【回転部のバランスへの配慮】
 ・回転部への徹底したバランス設計により、低運転音・低振動を実現しました。
 
上記は特長の一部ですが、現在、吸着搬送や真空包装などの用途をはじめ、様々なお客様からお問い合わせをいただいています。詳細はカタログをご覧ください。(実機取付けサンプルをご希望の方はこちら
Qロータリ真空ポンプが急に停止しました。どうしたらよいですか?
A
モータが熱くなりサーマルプロテクタが作動したためと考えられますが、異臭・煙が発生していないかご確認ください。また、ポンプ本体が非常に熱くなっている可能性があるため、手で触れる際は火傷をしない様、十分注意してください。
本体が冷めましたら、サーマルプロテクタのスイッチを入れ※、再度通電し動作をご確認ください。
※RPV064-120シリーズは自己復帰の回路のため、運転再開温度(86±20℃)まで下がると自動的に運転を再開します。
Qロータリ真空ポンプは空気以外の気体(ガスなど)を吸引できますか?
A
弊社で設定する仕様として、雰囲気(吸入気体)は、腐蝕性及び爆発性ガスのない雰囲気となります。
耐薬品性(ガス含む)についてはこちら
※製品仕様範囲外のガスはユーザーによる評価判断の上、採用判断をいただく必要があります。
 
なお、可燃性・爆発性のガスは絶対に吸引しないでください。また可燃性・爆発性のガスなど引火の可能性のある雰囲気では、絶対に使用しないでください。爆発・火災の原因になります。※揮発したアルコール成分なども絶対に吸引しないでください。
Qロータリ真空ポンプは水蒸気は吸引できますか?
A
弊社で設定する仕様として、雰囲気(吸入気体)は、腐蝕性及び爆発性ガスのない雰囲気となります。
特に高温の水蒸気を吸入する場合は、不具合が発生する場合がありますので、営業所にご相談ください
Qロータリ真空ポンプを配置する際の注意事項は?
A
装置内が密閉に近い状態になるような場合は、装置内温度が40℃以下となるよう配慮してください。なお、隣接する機器の発熱状況にもよりますが、目安としてポンプ周辺に5cm以上の隙間を確保してください。
あわせて、ポンプ設置・換気用の開口部の設定には、以下①~③をご配慮ください。
 
①ポンプ空冷エアの通風確保
モータと反対面の同心円状に配置された長穴が、ポンプ強制空冷における「空冷エア吸い込み口」。
モータとポンプ間に設けられた多数のスリット(ファンの回転が見える)がポンプ強制空冷における「空冷エア吐き出し口」となっています。(下図参照※)
強制空冷に関係する前述の「空冷エア吸い込み口」、「空冷エア吐き出し口」への通風を妨げない流路確保をお願いします。


 
②モータ冷却エアの通風確保
定格60W及び90Wのモータは、モータ自身の末端に冷却ファンを備えています。モータ末端の端面に、「モータ冷却用エア吸い込み口」が形成されており、通風を妨げない流路確保をお願いします。
 
③ポンプ表面からの自然放熱
上記の冷却エアの通風以外にも、ポンプ表面やモータ表面からも放熱するため、放熱によって暖められたエアがポンプ周辺に滞留しないよう、通風スペースの確保や、別途設けたファンによる送風等の配慮をお願いします。


 
Qロータリ真空ポンプは海外で使用できますか?
A
特注品を除き、ロータリ真空ポンプが取得している規格は以下となります。
非該当証明書の発行が可能ですので、最寄の営業所へお問い合わせください。
 
●CEマーキング…対応(製品)
●RoHS指令…対応品(製品)
●CCC認証…認証品(モータ)
●ULグレード…
 ・モータ(購入品):UL認定品
 ・ロータ(樹脂部品):難燃グレード UL94 V-0
 ・冷却ファン(樹脂部品):難燃グレード UL94 V-0
 ・マグネットカップリングシールキャップ(樹脂部品):難燃グレード UL94 V-1
 
※規格などについてはこちらをご確認ください。
Qロータリ真空ポンプはクリーンルームでの使用は可能ですか?
A
モータ自体のクリーンルーム対応品がございません。
従って、モータにカバーを付けていただく等の対応となりますので、一度営業所へご相談ください。
Qロータリ真空ポンプにカバーを被せて使いたいが、注意点は?
A
ロータリ真空ポンプ設置の周囲雰囲気は5~40℃です。
お客様独自で設置したカバー等により、周囲の空気が滞留し、ポンプ、モータともに発熱を起こすことがあります。ポンプ内部の異常な負荷増大に繋がる可能性がありますので、熱源の近接も含め、ポンプ設置周囲温度が40℃を上回らないよう注意してください。
 
周囲温度が高いと感じたら、ロータリ真空ポンプを一度停止してください。手で触れる際は火傷をしない様、十分注意してください。本体が冷めカバー内の温度が下がったら、運転を再開してください。
Qロータリ真空ポンプの排気クリーナの性能と、エレメントの材質は?
A
排気クリーナについて、以下を参考にしてください。
●使用条件
 使用流体:排気圧縮空気
 最大処理流量:0.6m3/min(ANR)
 流体温度:5~65℃(凍結なきこと)
 周囲温度:0~65℃(凍結なきこと)
 
●性能
 濾過度:1μm
 消音効果:35dB以上(油飽和状態で最大処理流量の時)
 有効断面積:33mm2
 流量特性:下図による(代表値)
 


 
●エレメント材質:アルミ合金、鋼、ガラス繊維
1~10件(全19件)
< 前へ  1  2 次へ >