エアピンセット

HOME > エアピンセット


 
こんなお悩みはありませんか?
● 細かいワークを素早く、正確につかみたい
● 手作業だと時間がかかる
● 指先やピンセットではワークの破損などが心配

● エア配管の知識がない    ● 真空設備がない
● 最低限の設備で作業したい  ● 持ち運びたい
   
         
手作業よりも正確・迅速
作業時間短縮、効率アップ
   操作・配管方法が簡単だから
誰でも使える
   少ない部材で使用可能
省スペース・エコ



実例!作業時間短縮 → 生産性向上
 
種の吸着搬送
タマネギやキャベツなどの小さな種の播種(吸着搬送)にも利用されました。 手作業に比べ、所要時間が大幅短縮。
※コンプレッサ等が必要です
 
 
スマホ等の小型電子部品
スマートフォンの電子チップ、半田ボールの
吸着搬送に使用されます。正確に素早くワークを
配置できます。
 
 
腕時計の小型部品
アナログ腕時計の小型部品の組込みにも
使用されます。


エアピンセットの接続方法
 

エアピンセットのご紹介
 


  2タイプをラインナップ
  
圧縮エアをエアピンセットに流した状態で横穴を塞ぐと、ワークが吸着できます。
ワークを離す時は横穴を解放します。
※真空発生を止める際は、エア供給元の切換弁を閉じてください。
 
圧縮エアをエアピンセットに流した状態で押しボタンを押えると、ワークが吸着できます。
ワークを離す時は押しボタンを解放します。
騒音が少なく、使用(ボタンを押している)時だけエアを流すため省エネです 。

 
   
パッドホルダ形状を選択可能   帯電防止タイプも用意
 
ストレート(左)とR形状(右)をラインナップ。
※パッドホルダは、2サイズ(φ2mmとφ6mm)を用意。
(写真は、φ2mmタイプ(VPZ-2)となります)
  静電気を嫌う環境や、電子部品の搬送などに。


 


単体・セット販売、メンテナンスパーツも用意
パッド付エアピンセット単体
 
エアピンセット本体のみ
 
エアピンセットパッケージ
(セット)
交換パーツ
(フィルタエレメント、パッドホルダ、パッドゴム)
 
パッドゴムについて
・パッケージ(セット)は、パッドゴムφ2, φ4, φ6, φ8mm(パッド材質:シリコーン)の4個が付属します。
・パッド付エアピンセット単体は、パッドゴムφ1, φ2, φ4, φ6, φ8mm(パッド材質:ニトリル、シリコーン、導電性ブタジエンゴム(低抵抗タイプ))から
 1個を選択可能。
交換用パッドは、真空パッドスタンダードタイプのパッドゴムφ1~φ8mm※を使用可能。
※パッド材質:ニトリル、シリコーン、ウレタン、フッ素、導電性シリコーン、導電性ブタジエン(低抵抗タイプ)、導電性NBR(低抵抗タイプ)、
 食品衛生法適合NBR、HNBR、EPDM。
エアピンセットのFAQ
【Q】エアピンセットで吸着できるワークの最小径が知りたい!(どのくらい小さいものまで、ワーク吸着が可能なのか?ワークを吸ってしまわないか?)
【A】以下、装着するパッドゴムの「パッド内径」を参考にしてください。
 
     
 パッドゴムサイズ φ1mm φ2mm φ3mm φ4mm パッドゴムなし(パッドホルダのみ)
 パッド内径※ φ0.5mm φ0.6mm φ0.8mm φ1.2mm φ1.6mm
※このパッド径まで吸着可能
エアピンセットのパッドホルダ自体の内径はφ1.6mmとなりますが、上記に挙げたパッドゴムφ1~4mmはそれより
パッド内径が小さいため、上図の通りφ1.6mm以下のワークの吸着が可能です。
なおパッドサイズφ6, 8mmのパッド内径は、ホルダのパッド内径より大きいためφ1.6mm以上に適しています。
あくまで寸法上の計算となり、吸着するワークにより異なる場合がございます。最終的には実機判断をお願いしています。
パッドゴムの寸法の詳細>>  エアピンセットのカテゴリ(真空パッド)のFAQ>>
 
 
エアピンセット詳細ページ