ファイバードライ&ドライユニット

HOME > ファイバードライ&ドライユニット


梅雨、夏場、湿度が気になる時期に…ファイバードライ&ドライユニット
 
こんなお悩みをお持ちの方に!圧縮エアに水分が多い、末端のドレン発生、取付けが面倒、省エネしたい!   水分は大敵!

解決するなら!
冷凍式以上の乾燥エアが得られ、機器を水滴から守ります!
 
  除去された水分は水蒸気として排出。ドレンは発生しません!
 基本性能(100ℓ/min(ABR)の場合)
  ■入力側空気
 
圧力 0.7MPa
空気量 125ℓ/min(ANR)
温度 20℃
水蒸気量 飽和
パージ率 20%(パージ回路:3)

■出力側空気
到達露点 -25℃(大気圧下) 冷凍式以上!
空気量 100ℓ/min(ANR)
 
 
電源不要、パージ流量が3段階で調節可能なためエコ!パージ量が多すぎる時、調節が可能。
 
  ■各ダイヤル設定時のパージ率(例:100シリーズ)
※圧力:0.7MPa、空気量:125ℓ/min(ANR)、湿度:20℃、水蒸気量:飽和
回路1 約5%(回路3の約1/4)
回路2 約12%
回路3 約20%

※設定の詳細はデジタルカタログをご確認ください。

※機種によりダイヤルの位置が異なります。
 
     
   中空糸膜フィルタの内側に圧縮エアが通ると、中空糸膜の特性により水蒸気が膜の外に排出され、出口側には乾燥エアが出てきます。
そこで、出口側の乾燥エアの一部を中空糸膜の外側に沿ってパージ(排出)させることで、常に水蒸気の濃度が低い状態に保たれ、連続除湿を行えます。このパージエアの量で乾燥度を調節できます。
回路3が乾燥度が一番高く、回路1が低い設定です。
 
継手付きならチューブを装着するだけ!
  狭小スペースでも安心!


       

 

このページで紹介した商品はこちら
  詳細ページ   詳細ページ   詳細ページ   詳細ページ   詳細ページ   詳細ページ  
  デジタルカタログ   デジタルカタログ   デジタルカタログ   デジタルカタログ   デジタルカタログ   デジタルカタログ  

そのほか、PISCOの調質機器はこちら>>