真空パッド

真空パッド吸着痕防止タイプ

RoHS2対応

液晶ガラス、塗装工程・半導体製造設備の搬送に最適。

対応品あり

  • 金属部材質に銅系金属を使用していません。※)一部商品は流路のみの対応となります。
  • シールゴム材質にHNBRまたはFKMを使用しています。※)一部商品は流路のみの対応となります。

特長

液晶ガラス、塗装工程・半導体製造設備の搬送に最適。

フレキシブルを設けたホルダと樹脂材質でワークを吸着。

豊富なパッドサイズ、パッド材質、ホルダ形状のバリエーション。

パッドサイズ:3種。
パッド材質:3種。
ホルダ形状:12種。

真空破壊時のワーク離脱性も向上。

樹脂パッドは、スパナと六角レンチを用いて本体を外すこと無く簡単に交換可能。

スプリング式ホルダのストロークが選択可能に。

従来のロングストロークカバー付ホルダをVPC、VPDと統合。
ストローク:6、10、15、20mm

従来のロングストロークカバー無しホルダはVPOC、VPODとしてリニューアル。
ストローク:20、30、40、50mm

スプリング式ホルダに低発塵タイプが新登場。

従来のスプリング式ホルダに比べ低発塵。

騒音レベル:45dBで低騒音を実現。

パッド全サイズに接続可能。

ストローク:2、5、10、15、20mmを用意。

「銅を主成分とする材料不使用」・「低濃度オゾン対策」向けの分野に対応するパッドホルダも用意。

-S3仕様:金属部材質は銅を主成分とする材料不使用,シールゴム材質にはHNBRまたはFKMを採用。

仕様

パッド材質

材質 PEEK、POM、導電性PEEK

ホルダ種類

固定式真空取出口 上 VPMA(ミニ)/VPA(スタンダード)
固定式真空取出口 横 VPMB(ミニ)/VPB(スタンダード)
スプリング式真空取出口 上 VPMC(ミニ)/VPC(スタンダード)/VPOC(カバー無し)/VPLFC(低発塵)
スプリング式真空取出口 横 VPMD(ミニ)/VPD(スタンダード)/VPOD(カバー無し)
スプリング式直付型 VPF

適用サイズ

パッドサイズ(mm)

パッドサイズ φ10, φ20, φ30

真空取出口チューブサイズ

ワンタッチ継手(mm) φ1.8, φ2, φ3, φ4, φ6
バーブ継手(適用チューブ外径×内径) (mm) φ3×φ2, φ4×φ2.5, φ6×φ4

※)パッドサイズにより選択できる真空取出口サイズが異なります。

真空取出口ネジサイズ

メートルメネジ M5×0.8, M6×1
オネジ M14×1

理論吸着力グラフ

形状・価格一覧

形状・価格一覧は代表的な機種を掲載しています。
その他の機種につきましては真空パッド注文形式生成プログラムまたはデジタルカタログを参照ください。

パッドゴム単体、パッドネジ付セット

個別注意事項

注意

1.本製品はリップ部からのリークを許容しています。選定の際は以下にご注意の上、実機にて吸着試験を行ってください。 ①リップ部を樹脂化することによりゴム製真空パッドと比べ吸着痕を抑えておりますが、吸着痕を完全に防げるものではありません。吸着痕軽減の程度は環境やワークにより異なります。 ②真空源の流量は極力大きく確保してください。また、真空保持の使い方はできません。 ③使用条件に適したセンサを選定してください。 ④本製品のフレキシブルホルダ内部は構造上、使い方により摩耗する場合があります。クリーン環境下で使用する場合は摩耗による発塵の影響がないことを確認してください。

2.本製品にはフレキシブルホルダに1mmのストロークを設けてありますが、あくまでも微妙なワークの傾きに追従することを目的としています。バッファ機能が必要な場合は、スプリング式のホルダと併用してください。また、スプリング式ホルダをご使用の際は、摺動部にかかる横方向の力を最小限としてください。ホルダの摩耗により、作動不良、発塵の原因となる可能性があります。

3.フレキシブルホルダと樹脂パッド間は、回り止め構造とはなっておりません。回転搬送には適しませんのでご注意ください。

4.真空パッドの吸着面は使用前に必ず洗浄を行ってください。付着物が吸着痕として残る場合があります。なお、洗浄時は吸着面に傷が付かないよう注意し、有機溶剤は使用しないでください。

5.本製品には特殊ステンレスを使用しておりますが、これは防錆を目的としたものではありません。使用環境によっては錆が発生する場合があります。

6.フレキシブルホルダを実機、またはパッドホルダに取付ける際は、下表の締付トルクを参照し、適正な工具を使用して締付け、緩みがないことを確認してください。

7.フレキシブルホルダへの樹脂パッド取付ネジはクリープにより緩みが発生する場合があります。定期的な点検及び下表締付トルクにて増締めをしてください。増締めによる改善が見られなくなった場合は、真空パッド部の交換をしてください。

真空パッドシリーズのよくある質問

この商品に関するお問い合わせ

用途や機能などの諸条件に適した商品をご提案することも可能です。お気軽にお問い合わせください。
近くの営業所でも承っております。

PISCO製品に関するよくある質問をまとめました。お問い合わせの前にご覧ください。