会社概要

商号

株式会社 日本ピスコ

設立

1976(昭和51)年10月18日

資本金

4億8,856万5,000円

役員

代表取締役会長兼CEO  山崎 清康
取締役社長兼COO    赤羽 勇
専務取締役       河西 利行
常務取締役       北原 敏正
常務取締役       渕井 伸国
常務取締役       佐々木 好章
取締役         小林 健治
取締役         濵 秀明
監査役         中村 文俊

従業員数

480名

事業内容

空気圧機器の開発・製造・販売

事業所

本社工場/長野県岡谷市長地出早3-9-32
伊那第一工場/長野県上伊那郡南箕輪村4088
伊那第二工場/長野県上伊那郡南箕輪村3884-1
伊那第三工場/長野県上伊那郡箕輪町大字三日町1020-1
伊那第四工場/長野県上伊那郡箕輪町大字東箕輪3440-1

営業所

東京、仙台、太田、茨城、八王子、川崎、埼玉、名古屋、岡崎、長野、静岡、金沢、大阪、新大阪、京都、広島、福岡

海外現地法人

NIHON PISCO TAIWAN CO., LTD.

PISCO VIETNAM CO., LTD.

海外駐在員事務所

日本ピスコ バンコク駐在員事務所 日本ピスコ 上海駐在員事務所

関連会社
主要取引先

株式会社コガネイ
Festo AG & Co. KG (ドイツ)
CKD株式会社 他

空気圧機器とは

あなたの身近にPISCO製品が使われています。

空気圧の優位性

空気圧の優位性

エネルギーの優位性を比較する3つのポイント

1.無限なエネルギー
地球上のどこでも得られ、繰り返し使用することが出来る。
2.ローコストなエネルギー
電気や油圧などと比較するとランニングコストが安い。
3.安全でクリーンなエネルギー
媒介となるのが空気なので、万一漏れが発生した場合にも、引火・感電・汚染の危険性もない。

広がる空気圧機器の需要

広がる空気圧機器の需要

あらゆる産業の自動化・省力化に貢献

自動車・半導体・家電・食品・衣料・農業・漁業・医療・IT・化学・輸送・レジャー・宇宙開発等、モノを生産する過程では必ず生産設備が介在し、空気圧機器が必要となる。PISCOはあらゆる産業のFA化(ファクトリー・オートメーション)に貢献している。また、人手不足、人件費削減等の理由により、今後もモノづくりのFA化は間違いなく加速する。