検索結果:{{ $data.dynamicItemsLength }}件

検索結果:7件

お知らせ

真空発生器総合タイプ

真空スイッチ・真空破壊バルブなどをユニット化。
使用目的に応じたタイプが選定可能。

使用流体
空気(JIS B 8392-1:「等級1.2.1~2.4.3」準拠)
使用圧力範囲
0.25~0.7MPa
使用温度範囲
5~50℃(ただし、凍結なきこと)
使用湿度範囲
35~85%RH(ただし、結露なきこと)
耐振動性/耐衝撃性
50m/s2以下/ 150m/s2以下
保護構造
IP40相当
給 油
不要
耐圧性(エア供給回路)
1.05MPa
耐圧性(真空回路)
0.2MPa

真空発生器総合タイプ

各ユニットのモジュール化、豊富なユニットの組合せにより、使用目的に合った最適なユニットの選定が可能 。

使用流体
空気(JIS B 8392-1:「等級1.2.1~2.4.3」準拠)
使用圧力範囲
0.25~0.7MPa
使用温度範囲
5~50℃(ただし、凍結なきこと)
使用湿度範囲
35~85%RH(ただし、結露なきこと)
耐振動性/耐衝撃性
50m/s2以下/ 150m/s2以下
保護構造
IP40相当
給 油
不要
耐圧性(エア供給回路)
1.05MPa
耐圧性(真空回路)
0.2MPa

真空発生器総合タイプ

従来の真空破壊エアの流量制御に圧力制御をプラス。ワークの吹き飛ばしを防止。

使用流体
空気(JIS B 8392-1:「等級1.2.1~ 2.4.3」準拠)
使用圧力範囲
0.3~0.7MPa
使用温度範囲
5~50℃(ただし、凍結なきこと)
使用湿度範囲
35~85%RH(ただし、結露なきこと)
耐振動性/耐衝撃性
50m/s2以下/150m/s2以下
保護構造
IP40相当
給油
不要
耐圧性(エア供給回路)
1.05MPa
耐圧性(真空回路)
0.2MPa

真空発生器総合タイプ

供給用バルブは、応答性を極限まで追求、真空システムのハイサイクル化を実現。

使用流体
空気(JIS B 8392-1:「等級1.2.1~ 2.4.3」準拠)
使用圧力範囲
0.3~0.7MPa
使用温度範囲
5~50℃(ただし、凍結なきこと)
使用湿度範囲
35~85%RH(ただし、結露なきこと)
耐振動性/耐衝撃性
50m/s2以下/150m/s2以下
保護構造
IP40相当
給油
不要
耐圧力(エア供給回路)
1.05MPa
耐圧力(真空回路)
0.2MPa
  • 金属部材質に銅系金属を使用していません。※)一部商品は流路のみの対応となります。
  • シールゴム材質にHNBRまたはFKMを使用しています。※)一部商品は流路のみの対応となります。

真空発生器総合タイプ

大流量の制御に最適な31.5mm幅真空発生器。

使用流体
空気(JIS B 8392-1:「等級1.2.1~ 2.4.3」準拠)
使用圧力範囲
0.3~0.7MPa
使用温度範囲
5~50℃(ただし、凍結なきこと)
使用湿度範囲
35~85%RH(ただし、結露なきこと)
耐振動性/耐衝撃性
50m/s2以下/150m/s2以下
保護構造
IP40相当
給油
不要
耐圧性(エア供給回路)
1.05MPa
耐圧性(真空回路)
0.2MPa
  • 金属部材質に銅系金属を使用していません。※)一部商品は流路のみの対応となります。
  • シールゴム材質にHNBRまたはFKMを使用しています。※)一部商品は流路のみの対応となります。

真空発生器総合タイプ

小型・軽量。配線を一括集中化したマニホールド専用真空発生器。

使用流体
空気(JIS B 8392-1:「等級1.2.1~ 2.4.3」準拠)
使用圧力範囲
0.3~0.7MPa
使用温度範囲
5~50℃(ただし、凍結なきこと)
使用湿度範囲
35~85%RH(ただし、結露なきこと)
耐振動性/耐衝撃性
50m/s2以下/150m/s2以下
保護構造
IP40相当
給油
不要
耐圧性(エア供給回路)
1.05MPa
耐圧性(真空回路)
0.2MPa

真空発生器総合タイプ

省スペースへの設置、およびハイサイクルを要求する分野に最適な真空発生器。

使用流体
空気(JIS B 8392-1:「等級1.2.1 ~ 2.4.3」準拠)
使用圧力範囲
0~0.55MPa
使用温度範囲
5~50℃(ただし、凍結なきこと)
使用湿度範囲
35~85%RH(ただし、結露なきこと)
耐振動性/耐衝撃性
50m/s2以下/150m/s2以下
保護構造
IP40相当
給油
不要
耐圧力(エア供給回路)
0.85MPa
耐圧力(真空回路)
0.2MPa